当店があまおう苺のシャーベットを作り始めて3年目。

昨年までは減農薬の、あまおう苺でしたが、今年は無農薬(惜しいところで虫の忌避剤を1回だけ使用され、減農薬・・としか言えなくなってしまったそうですが、これはもう、無農薬と言って良いレベルの苺です。)のあまおうを、福岡・久留米のやました農園から送っていただくことにしました。
IMG_1672

やました農園のホームページ
を見つけて、なんだか心がポッと暖かくなり、ご縁ができて、やっと育った今年の貴重な苺を分けていただけるようになりました。

 

やました農園の山下さんは、無農薬のあまおう苺を作るために東京から久留米へ移住されたそう。

無農薬・・って、ほんとうにエライことだと、思います。

「福岡県では化学合成農薬63回散布、減農薬でも31回の散布が認められています。」

・・無農薬は、化学合成農薬0回散布・・ですから。

 

昨今、あれは体に良い悪いとか、無農薬じゃなきゃイヤだとか、食品添加物はイヤだけど安くないとイヤだとか、、・・それって、あまり行き過ぎると、(子供たちのため・・とか言っていても)自分を守るためのエゴかも知れないって・・ふと思ったり。

・・大変なことなんですよね、体に良いものを作ることって。

その恩恵にあずかって、無農薬あまおう苺のシャーベットを食べることのできる私たちは幸せです。
IMG_1675
苺を一粒一粒洗い、ヘタを取りながら「ありがとう」と作り手の山下さんと、苺にもお礼が言いたくなるような・・そんな苺でした。

農業は、実際にやった人にしか、その苦労や楽しみがわからないと思います。(私にもわかりません)

そんなこと言いながら、主人の作ったトマトをパクパク食べてしまった今日の夕飯なのでした。