久しぶりのブログ更新です。

トマト終了後の方向性を探りながら2016年を過ごしました。

 

会社の柱だったトマト事業を失い(トマトについては軌道に乗って順調な経営状態でした。農地の貸借についてのトラブルが原因で存続不可能となりました。)、ジェラート事業だけ残ってしまいました(今後、軌道に乗せるため努力しております)。

2017年、ジェラートは廃業せずに続けていきます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

トマトは無くなりましたが店名「アイトマト」は残そうと思います。

奥の製造室が「ジェラート工房アイトマト」です。

昨年10月より、お客さんが出入りされる店舗部分に「ビアンコチーボ」という名前をつけました。

Bianco cibo・・・白い食べ物・・・。

和製イタリア語です。

2015年6月20日よりレシピをリニューアルした、当店看板オリジナルのミルクジェラートは「白」。 (ジェラートが好きで、いろいろ食べてこられた方ほど、高く評価してくださいます)

 

もう一つの製品として、カップに詰めた状態で販売している、マクロビ・ビーガン対応の「豆乳と米麹甘酒のジェラート」がありますが、ベースになっている豆乳も甘酒も「白」です。

 

また、「白」には、「明白」という意味も込められています。

製品の原材料をわかりやすく「明白」にお伝えすること。

新たに設けた、『美味しい&安心食品』販売コーナーの製品についても、産地や製法等が明白であること。

・・・お客さんの目線で「明白」にしていく方針です。

そして、今年は、ビアンコチーボの移動カフェである「カッフェ ビアンコ」(移動販売車)で、九州パンケーキを、コーヒー等の飲み物と共に提供していく機会を増やしたいと思っております。

(「九州パンケーキ」九州産の米粉や小麦粉がブレンドされている粉です。アルミニウムフリーのベーキングパウダーが使用されています。店頭でミックス粉の販売もしております。)

イベント出店では、そのイベントの趣旨に添って、又、出店店舗とのバランスを取って、提供内容を変えていきます。

電源コンセントを1つお借りできれば、ジェラートをその場でカップに盛って召し上がっていただく形式も可能です。(店舗と同じ形式でのお待ち帰りは不可です)

 

もう一つ、移動販売車で「子供おやつ糖質オフパンケーキ」を提供することを目指し、レシピ開発中です。大豆粉使用のパンケーキに卵やツナ、チーズ等を乗せた、軽食系のものを作ろうとしています。今年出版された、三島学氏著の『糖質制限が子供を救う』の考えに倣って、また、小さな「こども食堂」も兼ねる方向性で考えております。

 

志を共にし、サポーター出動をお願いできるような方に、今年中に出会えると良いな・・・と思っております。

 

・・・というわけで、2017年、正面のハートの看板も撤去し「瀕死の状態か?」と痛々しい感じですが、

しぶとく存続致しますので、どうぞよろしくお願い致します。