愛媛・四国中央の手作りジェラート&安心食品のお店

ニュース

  • HOME »
  • ニュース

 

2016.11月 アイトマト内に美味しい&安心食品ビアンコチーボを併設

2016.10月 糖質オフジェラート「Latte」「Soia」の店頭販売を終了。

2016.5.30 トマトの店頭販売が終了しました。トマト事業は今シーズンで閉じることとなりました。
ジェラート店アイトマトは、営業時間・定休日を無くし、当面は続行致します。

2015.6.20 店頭でのトマト販売を終了し、ジェラート専門店(ジェラテリア・アイ・トマト)にリニューアルしました。リニューアルに伴って、ショーケースジェラートのミルクベースも新しくなりました。島根・木次乳業の低温殺菌・ノンホモ牛乳2種(ブラウンスイス牛乳、ホルスタイン牛乳)をブレンドした、オリジナルのミルクベースです。

2015.6.11 糖質オフジェラート、Latte(ミルクベース)、Soia(豆乳ベース)、各6フレーバーの店頭販売を開始しました。

2015.4.6 4月より、木曜定休(年中固定・夏期臨時営業あり)&水曜は13時〜17時の営業です。
不定休は月始めに告知(ホームページ・店頭掲示)しております。
営業時間10時半〜18時半(夏期延長あり)も、年中固定致しました。
よろしくお願い致します。

2015.4.1 4月より木曜日を定休とさせていただきます。水曜日は13:00~17:00の営業です。

2015.2.26  収穫量はまだまだ少ないのですが、フルーツトマトの糖度が上がってきています。店頭でも好評販売中です。

2015.2.24 アイトマトのホームページ、リニューアル中です。

2015.1.9  店頭ショーケースのジェラートはグラニュー糖(精白された砂糖)ゼロになりました。トレハロース、和三盆糖、オーガニック糖、ブドウ糖、他、希少糖&オリゴ糖、はちみつ等を使用しております。いずれも、天然由来の甘みで、人工的に合成されたものは使用しておりません。

2014.12  店頭ショーケースのミルク系ジェラートに使用する「安定剤(増粘多糖類)」は、カロブビーンガム(ローカストビーンガム)のみになりました。主に地中海沿岸地域に生息するカロブの木の豆の胚乳を分離粉砕した増粘安定剤です。「安定剤(増粘多糖類)」は、ジェラートの食感や状態を保つためには必要不可欠なものです。当店では、植物由来の天然成分の中でも安全性の高いものを選んで使用しております。イタリアの伝統的製法で作られるジェラートにはカロブビーンガムが使用されているそうです。

2014.11  手焼きワッフルコーンの販売を開始しました。「バターシュガー」「ココア」の2種です。北海道産の小麦粉など、非遺伝子組み替えの原料から作られた素材を選んでおります。1個80円の追加料金です。食の安全についていろいろな情報を得ると、「安過ぎる」ものにはそれなりの理由があるのがわかりました。アイトマトでは、原価を抑えるために「安い」材料を仕入れることは、いたしません。これからも、作る側として、お客さんを守ることのできる材料であるかどうかを、見極めていく所存です。

2014.10  ショーケースのジェラートに使用する牛乳を、高知産のものから、島根・木次乳業のノンホモ&低温殺菌牛乳に変えました。ノンシュガーのラッテ(アイスミルク)に使用する牛乳は高知産の搾りたて牛乳を、いままでどうり使用します。

お電話でのお問い合わせ・ご注文はこちら TEL 0896-56-1725

Twitter でフォロー

ブログ

2017年スタート

久しぶりのブログ更新です。 トマト終了後の方向性を探りながら2016年を過ごしました。   会社の柱だったトマト事業を失い(トマトについては軌道に乗って順調な経営状態でした。農地の貸借についてのトラブルが原因で …

乳製品不使用の豆乳&米麹ジェラート6種

梅雨も後半に入り、全国で豪雨などの心配が絶えないこのごろです。 アイトマトも、5月末には7周年を迎え、 そして、6月中でトマト事業を終了しました。 まだまだ、トマトは、後片付けなどで、しばらくは大変なようです。 ジェラー …

今年もあまおう苺が到着しました

当店があまおう苺のシャーベットを作り始めて3年目。 昨年までは減農薬の、あまおう苺でしたが、今年は無農薬(惜しいところで虫の忌避剤を1回だけ使用され、減農薬・・としか言えなくなってしまったそうですが、これはもう、無農薬と …

PAGETOP